就職で新卒採用を軽んじてはいけないこと。

現代社会では正社員として採用されにくい状況です。仕事に一番採用されやすい時期は高校や大学在学中に就職活動をし、新卒採用されることです。卒業してから就職活動をすると厳しい状態に陥ります。大抵の企業は新卒の人材を求めているからです。正社員に興味がない方は別として、将来的にアルバイトや派遣より安定してある正社員を目指している方はせっかくのチャンスを逃してはならないのです。年齢が上昇するごとに正社員として働ける仕事の範囲が段々と狭まっていきます。正社員の仕事もあることはありますが、大抵の仕事は重労働で長くは続けにくい仕事ばかりです。高校や大学では就職支援は普通の就職支援よりも充実しています。わざわざ沢山の企業が学校内で説明会を行うので採用への道に近づきやすいのです。

卒業してから三年以内なら既卒でなく新卒扱いされるという決まりがありますが、やはり新卒の人間と比較するとどうしても不利になります。企業側も在学中に就職出来なかったのは努力しなかったかのではないかと疑ってしまい結局新卒の人間を優先的に採用することがあるそうです。なので在学中に就職活動は死に物狂いで行い、正社員として新卒採用されるように努力しなければならないのです。決して新卒採用されなくても就職出来るだろうと思わず、軽んじてはならないのです。もし、新卒採用を逃してしまったら、新卒の人間に負けない企業に求められるスキルを身に付けなければいけないです。