私が新卒採用で就職が決まっていた企業を内定辞退した経験

私は6年前のちょうど今頃、新卒採用として旅行会社への就職が決定していました。大学4年生の夏休みの実習を兼ねた2か月間の勤務も無事終えて、後は大学を卒業して2泊3日の企業研修に参加するだけとなっていました。企業研修の最終日の3月24日、人事担当の方から配属の関係で呼び出しがありました。私は地方に住んでいるのですが、私の居住地からだと通える配属先が1カ所しかないので都内に居住してくれないかとのお話でした。私は姉が亡くなってしまったので一人娘になってしまい両親から家の跡を取るように言われていました。ですが言い渡されたのは都内への引っ越し。内定していた企業は私がずっと働くことを夢見ていた憧れの企業です。でも家のことも考えなければならない。そんなに名前のある家ではありませんでしたが、両親は家の代が途切れることより、お墓を守ってくれる人がいなくなることに対して抵抗があったそうです。

私ももう22歳でしたし、自分の意見を突き通すのが最善とは思いませんでした。約1週間、悩みに悩んでこれからの自分のことを考えて私が最終的に導き出した結論は、企業からもらった内定を辞退して地元で就職することでした。都内での勤務をしてから地元に戻り職を見つけることも考えましたが、私の性格的にそれは無理だろうと自分で考えたので、それなら最初から地元で就職した方が自分にとっても両親にとっても良いのではないかとその結論に至りました。今は地元で就職した企業で出会った人と結婚し、子供もいますが時々都内で働いていたらどうだったかな?と考えることがあります。後悔はしていないけれど、都内で働く自分を見てみたかったなーと思っている毎日です。