新卒採用をしている企業に就職するということ

経済が少し回復したとはいえ、まだまだ不況の中にある日本ですが、そんな中でも今でもきちんと定期的に新卒採用を行っている企業も多々あります。就職浪人が存在するなか、新卒採用で就職できるということは、その学生は非常に名誉に感じなくてはならないと思います。また採用する企業側にとっても、新卒で素晴らしい人材を得られるという事は、ありがたい事だと思います。新卒採用というのは、企業にとっては手間のかかることです。学生を募集し、時間を割いて、説明会や試験、面談、そしてこれから長い間時間をかけて、学生さんだった皆さんを一人前の社会人として、しばらくの間教育していかないといけないわけですから、企業側としてもかなりの時間とお金を投資して、就職してきてくれた皆さんに期待をしているわけです。

就職した先の企業が、毎年のように新卒採用を行っているとしたら、その企業はかなり経営状況のよい企業だと思います。そのような企業に就職できる新卒採用の学生さんも実に優秀な方に違いないと思いますが、そのような優秀な学生を確保できた企業側としても、本当に栄誉なことです。学生、そして企業側にとってお互いにメリットがあり、相乗効果があるのですから、会社も学生もお互いの利益を考えて頑張っていかなくてはなりません。企業では、こうした質のよい学生を確保したあと、翌年などに、「自分の出身校にいって、リクルート活動をしてきなさい」と使命を下す所もあるそうですが、もし、自分のことを気に入ってもらえて、会社が「もっと貴方の学校から人を採用したいから」という意味でそういってくれているのならば、実に光栄な事です。