毎年、定期的に新卒採用がありましたが今後、就職に難しくなる

就職する事は時代に関係なく男子は難しいと言われていますが、その原因に経済状況により左右されることになるという事ですが好況であっても全業種ではなく、ある業種だけという事です。不況ですと多くの業種で影響がありますので就職は更に困難になります。そういう中で企業は毎年、新卒採用をしているのですが業界の維持が出来る仕事では新卒採用を続ける事ができますが不況になりますと毎年、定期的に行ってきたことが重荷になる時代になります。近年が、その証明ですが定年退職と引き換えに新卒者を採用していましたが現代の経済状況ですと主力産業に影響が出ていることで企業は苦しい状況ではないかと思います。

我が国の大企業はメーカーが殆どですので製品が国内外で売れない事には企業は成り立ちませんことから近年、自動車産業を除いて、殆どの企業は赤字と言われています。貿易で我が国は近年までトップを走っていましたが中国にトップを奪われています。我が国の企業の製品において性能は世界一と言われていますが何故、中国にトップの座を抜かれたという事ですが価額が高価であることから購入できる後進国は無い事です。

後進国は我が国の戦後に似ている国が多いために低賃金の国が多い事から我が国が生産する高額な電化製品など購入できる国はありません。電化製品などは経済先進国では自国で生産できることから我が国の自動車を除いて製品を購入する事は考えられませんので後進国で販売する事になりますが価格が高い事から敬遠され、価格の安い中国や韓国の製品に関心が高いです。我が国の戦後と同じように見えますが、その当時は海外の商品は高価で購入する事を躊躇った時代が続きますが、その現象が現代の後進国に似ています。