新卒採用の就職活動で気をつけること

新卒採用の就職試験ではいくつか気を付けることがあります。それはまず社会人としての一般常識や立ち振る舞いだと思います。企業の面接に行くときは、面接官はれっきとした社会人。対する新卒採用希望の方はまだ学生です。学生同士では許されることも、社会人相手では許されないこともあります。マナーとして気を付けることは挨拶です。社会人として基本中の基本です。まず会社に入って、人と会ったらこんにちはとあいさつしましょう。そして、面接が終わったらきちんと有難うございましたと言いましょう。

そして次は身だしなみです。髪の毛はきちんと黒にして、耳にかからないようにしましょう。茶髪は一般企業では勤まりません。スーツはきちんと着こなしましょう。シャツなどは出さないようにしましょう。また、靴は綺麗に磨いておきましょう。しゃべり方はですます調で、礼儀正しく謙虚に振る舞いましょう。時間はきっちり守りましょう。遅れる場合はちゃんと連絡しましょう。私の同期で人事部に配属している社員から前にこんなエピソードを聞きました。面接が14時開始だったのですが、予定していた人は来ませんでした。そのままずっと音沙汰無しです。こちら側から連絡を取ったのですが、電話はつながりませんでした。社会人としてはあり得ない行動です。学生と社会人は全く違います。マナーをしっかり守り、きちんとした振る舞いをしましょう。もし仮に無事内定を取れたとしても、働いてからそのままでは通用しません。